自己破産者

それに、自己破産者手続を開始すると弁護士、公認会計士、税理士などの資格所有者は資格停止となり、業務を行うことができなくなります。

自己破産者という言葉を良く聞くようになったのはここ何年かのことですが、その背景としては消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどにより、多重債務に陥ってしまう方が増えていることが考えられます。

自己破産者とは、多額の債務を抱える人が借金を返済できないことを裁判所に申し立て、借金を帳消しにすることによって再スタートを切れるようにした制度です。

自己破産者と聞くと世間ではあまりいいものではないと思われていますが、実はそれほどの不利益があるわけではありません。

自己破産者をすると債権者が自宅に押しかけてくるとか、家財道具にベタベタと差押えの赤紙が張られてしまうというイメージがありますが、実際には、そんなことはありません。

借金がなくなれば生活の再建も可能ですし、債権者を一括して扱うという意味でも公正な清算方法と言えます。

それから、自己破産者した場合、後見人や保証人、遺言執行者などになることはできません。

さらに、郵便物は破産管財人を介して受け取らなければならないなどの制限があります。破産管財人は受け取った郵便物を自由に開封することができます。

知識が不十分な債務者が1人で手続きをするのは何かと不安なものです。そんな時に、何でも相談できる弁護士がいるというのは、とても心強いものです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。