自己破産者

自己破産者の手続きを弁護士に頼むには当然ながら費用がかかりますが、多くの方が弁護士に依頼するほうがメリットが大きいと思っているようです。

自己破産者というのは、裁判所に破産申請をすることで債務をなくす手続きですが、これを債務者本人が行なうことから「自己破産者」と呼ばれます。

自己破産者というと、満足な社会生活ができなくなるようなイメージがありますが、借金超過で苦しんでいる人を救済するための制度ですから、世間で思われているほど不利益があるわけではありません。

自己破産者をしたからといっても、戸籍に記載されることはありませんし、選挙権も被選挙権もそのままです。当然ながら、子供の進学に影響を与えることはありません。

一番大きいのは、免責を受けることができた場合に債務(借金)の支払い義務がなくなることでしょう。

自己破産者は生活の再建が出来るという意味で、大きな利点がありますし、債権者を一括して扱うという意味で、公正な清算方法と言えます。

自己破産者のデメリットとして、保証人が付いている債務がある場合、債務者が自己破産者

した場合は保証人に対して請求がいくことになってしまいます。

それに、自己破産者手続を開始すると弁護士、公認会計士、税理士などの資格所有者は資格停止となり、業務を行うことができなくなります。

さらに破産手続きが終了するまでは、裁判所の許可なしで住所の移転や長期間の旅行はできないことになっています。

自己破産者の制度は普通に働いているのに返済できない状況を前提にしていますが、無職の場合でもそれほど大幅に自己破産者できるかどうかの分岐点が変わるものではありません。

自己破産者の手続きを弁護士に頼むには当然ながら費用がかかりますが、多くの方が弁護士に依頼するほうがメリットが大きいと思っているようです。

確かに費用はかかるかもしれませんが、弁護士に依頼した方が早く確実に「免責許可」を取ることができ、1日も早く新しい生活をスタートすることが出来るでしょう。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。