自己破産者

自己破産者をすると債権者が自宅に押しかけてくるとか、家財道具にベタベタと差押えの赤紙が張られてしまうというイメージがありますが、実際には、そんなことはありません。

自己破産者をする人が増えています。中には数十万円の借金を帳消しにするために、簡単に自己破産者をしてしまう人もいるそうです。

自己破産者は、破産の決定を受けた時点での自分の財産(生活するのに必要なもの以外)を失う代わりに、すべての債務が免除され、経済的な更生を図っていこうという制度です。

自己破産者と聞くと世間ではあまりいいものではないと思われていますが、借金超過で苦しんでいる人を救済するための制度ですから、一般に思われているほど不利益があるわけではありません。

また、保証人にさえなっていなければ、家族には支払い義務もないのです。

平成17年1月1日の改正で処分規定が変更され生活に最低限必要なもの以外もトータルで99万円以下の財産については処分の対象外になりました。

自己破産者のデメリットとして、保証人が付いている債務がある場合、債務者が自己破産者

した場合は保証人に対して請求がいくことになってしまいます。

それに、自己破産者すると、自宅だけでなく、店舗や工場を含む不動産は失うので、それが原因で廃業を余儀なくされることもあります。

さらに、自己破産者すると破産者名簿に記載されるので、市区町村発行の身分証明書には破産の記録が記載されることになります。

自己破産者の申し立てをするには、支払不能状態であることという、破産するための理由が必要になります。

自己破産者の手続きには専門の知識が必要となりますから、まずは専門家に相談をするのがおすすめです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。